Auto CAD

CADと言えば製図ソフトとして知られています。
建設業界では必須のソフトとも言われており、CAD無しでは設計する事さえ出来ないとまで言われているのです。
ですがCADは進化しています。

CADの特徴として、とても使いやすいものではあるものの、難しいから使いこなす事が出来ないと嘆いていた人も多かったのも事実です。
そのため、CADの教室に通ってCADインストラクターからあれこれレクチャーしてもらったりという人もいれば、CADと悪戦苦闘しているという人もいるのですが、そのような人からとても高い注目を集めているのがAuto CADです。

Auto CADとは、その名前からも解るように、それまで人が行わなければならなかった事を自動で演算してくれる、とてもシンプルに扱う事が出来るCADなのです。
CADは使いこなす事が出来ないものの、Auto CADであれば何とか使えるという人はとても多く、おかげでAuto CADはシェアを伸ばしているのですが、Auto CADの素晴らしい所は建設の設計図だけを描けるものではないという点です。
「デザイン」に関して、どのような事でも行えるものなのです。

かつてCADは建築関連業者にとってはとても大切なものであっても、それ以外の業者が使うようなものではありませんでした。
ですがAuto CADに関しては、建築業界だけではなく、他の業界の設計・デザインの場でも用いられている程なのです。


▽特選サイト
DWGファイルを編集する際に便利なAutoCAD互換性ソフトです ⇒ ⇒ AutoCAD互換性ソフト

Copyright © 2014 Auto CADの活躍の場 All Rights Reserved.